ゴルフ会員権FAQ


【回答】
会員制ゴルフ場には、「株主会員制」、「預託金会員制」、「株主会員制」の3種類があります。
・株主会員制
株主会員制とは会員が株主としてクラブ(経営会社)に出資するかたちです。株主総会の出席議決権を行使して、経営に参加する権利があります。 会員は利益配当を受ける権利がありますが、実際に配当されている例はほとんどないようです。
・預託金会員制
預託金会員制とは会員がクラブの理事会の承認を経てゴルフ場経営会社に一定の金額を預託金として納入するかたちです。 日本の多くのゴルフ場が預託金制です。
・社団法人制
社団法人制とは会員が社団法人の社員としてゴルフ場の経営及び運営を行うかたちです。 営利を目的としないゴルフ場で、 関西では広野・西宮・宝塚・茨城、関東では東京ゴルフ、霞ヶ関など歴史のある名門コースが多くあります。
第三者に譲渡できないものが多く、一代限りや直系者のみが継承できる会員権です。
欠員が出た時に募集するコースもあります。
お問い合せはこちら

よくある質問と回答