京都 滋賀 ゴルフ会員権 京滋ゴルフサービスTOP > ゴルフ会員権の基礎知識

ゴルフ会員権の基礎知識

ゴルフ会員権とは?

ゴルファー

ゴルフ会員権を手に入れて・・・
「ホームコースを持って、思う存分ゴルフを楽しみたい!」 「そろそろ競技会にも参加してみたい!」
そんな夢をお持ちのみなさま、楽しいゴルフライフを送るために ご購入前に会員権の基礎知識をチェックしておきましょう。


会員権の種類

会員権の種類には【株主会員制】・【預託金制】・【社団法人制】の3種類が あります。
会員制のゴルフ場で一般のゴルフ場利用者に対し、優先的な利用権を与えるものです。

クラブが決めた入会に必要な金額を株主として出資することにより会員となります。
これによりクラブの経営に参加でき、クラブが解散となった場合全資産を持株比で分配を受ける権利があります。
一定の金額をクラブに預けることで会員となります。
クラブは会員からの預託金でクラブを建設します。
預託金は一定期間無利子で据え置かれますが、その後退会する場合は返済請求ができます。ゴルフ場の90%近くが預託金制です。
ゴルフと体育振興を目的として設立された団体で、基本的に会員権は一代限りとされ譲渡はできません。(例外的に譲渡できるものもありますが、希少) 関西では広野、西宮、宝塚、茨木、関東では霞ヶ関、我孫子など名門と言われるコースが多いようです。

クラブ会員権の種類

基本的に3種類あり使用用途やご利用する曜日に合わせ選択しましょう。

  • 1)正会員:コース定休日を除く終日の利用が可能
  • 2)平日会員(土曜日付):月〜土が利用可能、祝日は利用不可
  • 3)平日会員(土曜日無):月〜金が利用可能、祝日は利用不可
  • ※正会員と平日会員は価格が倍近く異なる事もあります。