京都 滋賀 ゴルフ会員権 京滋ゴルフサービスTOP > ゴルフ会員権譲渡時の税金

ゴルフ会員権譲渡時の税金

ご存知ですか?

ゴルフ会員権は売却時の所得は総合課税による譲渡所得の申告が必要です。
譲渡利益が出た場合は、総合課税として確定申告をして納税しなくてはなりません。 売却時に譲渡損失が出た場合は減税及び税金の還付を受けることができます。

譲渡益が出る場合

譲渡所得=売却金額−購入価格+(書換料もしくは入会金)−売買時手数料
【所有期間が5年以内のもの(短期譲渡所得)の場合】
課税対象額=譲渡益50万円(特別控除額)
【所有期間が5年を越えるもの(長期譲渡所得)の場合】
課税対象額=(譲渡益−50万円)×1/2

譲渡損が出る場合

譲渡損額=(購入価格+書換料)−売却価格+売買手数料

注意事項

  • ※ゴルフ会員権の譲渡が営利を目的として継続的に行われている場合には その実態に応じて事業所得または雑所得となります。
    (所法22、33、措法37の10、所基通33−6の2、33−6の3)
  • ※譲渡損時の税金の還付は必ずしも受けられるとは限りません。